自動機を作ってみる(バーチャル)

ピックアンドプレースとは、指定位置からワークを取り出し、次の位置まで運び、そこにワークを下ろす作業を行う機構です。


スポンサーリンク



■ピックアンドプレース ユニット
ピックアンドプレースは「P & P」とか「PPU」とか言われ、下図のような動きをします。

基本動作は次のような流れになります。
1)A地点で下降します。
2)Aで部品を取り出します。(ピック)
2)上昇します。
3)B地点に移動します。
4)下降します。
5)Bに部品を置きます。(プレイス)


■仕様
移動と上下のどちらにもエアーシリンダを使用します。
カムを使ったP&Pもあります。

■組み立てStep1
スライドシャフトをエアーシリンダで動作させるようにします。
正面図
左右動作はエアーシリンダで


■組み立てStep2
上下動作はスライドガイドとエアーシリンダで動作させるようにしました。
部品は吸着で行うようにします。
部品に衝撃を与えたくないのでスプリングを内蔵させています。
部品がうまくピックアップできたか、うまくリセットできたかは、真空スイッチか外付けの光電センサで行います。
正面図
上下動作はスライドガイドとシリンダで

[部品の有無検査]

反射型フォトセンサで有無検査 部品が小さくて外付けセンサでうまくいかない場合
シャフト内を「受光素子(ピンホト、フォト・トランジスタ)」と
「赤外LED」で検査します。
反射型センサ
PINフォトダイオード

スポンサーリンク



■電源・空圧
・AC100V
・空圧

■総部品代(メカ系のみ)
部品名 個数 単価 金額 備考

■購入部品
左右移動用シリンダ 1 4,000 4,000
シリンダ用取付金具 1 1,600 1,600
上下移動用シリンダ 1 2,700 2,700
リニアシャフト 2 920 1,840 片側めねじタイプ
フランジ付きリニアブッシュ 4 2,500 10,000
セットカラー 2 650 1,300 スリットタイプ
スライドテーブル 1 23,500 23,500 ストローク30mm
シャフトホルダ 2 1,800 3,600
ミニチュアボールガイド 1 4,100 4,100
圧縮ばね 1 85 85
ミニチュア管継手 1 110 110
吸着パット 1 250 250
イケール 1 8,600 8,600
ウレタンワッシャ 1 100 100
小計 61,785

■加工部品
小計

合計

Homeへ

スポンサーリンク





Copyright (c) FeedSoft All rights reserved.